二重まぶた、まぶたたるみ・むくみ・腫れなどのまぶた情報満載!

FrontPage

まぶたたるみの理由

まぶたのたるみは、筋肉が衰えたり肌がたるむことによって起こります。

まぶたはたるみが出て目元のあたりまで落ちるようになると、目元の感じが重たくなってしまいます。

また、狭まった視界を開こうとまぶたに力を入れて目を開こうとするため、額や眉間にシワが刻まれやすくなります。

まぶたのたるみが原因で目つきが悪く見えるときがあり、きつい印象を与えてしまうこともあります。

まぶたたるみの症状が進むと眼精疲労や肩こり、偏頭痛にもつながります。

まぶたを持ち上げる筋肉の力が極度に弱まると、上まぶたが過度にたるみます。

ひどくなって前を見た状態でもまぶたが瞳の部分にまでたっするほど垂れた状態を、眼瞼下垂というのです。

まぶたのたるみがさらに進んでものが見えにくくなり、顔を上げないとものが見えないほどに進行すると、頭痛や吐き気を覚えるようになります。

眼瞼下垂は先天性と後天性のものがあります。

後天性眼瞼下垂は、老化もありますが、コンタクトレンズの使用の長さや、ゲームやパソコンなどでの眼の使いすぎも原因になっています。

顔の中でも特別皮膚が薄く、乾燥もしやすくてハリを失いやすいのがまぶたで、まぶたの皮膚それ自身がたるみやすいところになっているのです。

顔の中でも特別デリケートなのがまぶたで、皮膚のハリや、筋力のバランス、それから脂肪も適度にあることが大事で、これが崩れるとたるみになるのです。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional